■採用マーケティングとは

「採用マーケティング」とは、人材採用に消費者マーケティングの考え方を取り入れることを言います。

企業のニーズにマッチした人材を確保するため、採用ターゲットとなる人材を設定し、そのターゲットにとっての「この会社で働く魅力」を定義し発信します。

従来の転職サイトや人材紹介会社の利用だけでなく、たとえば広報活動や社員紹介など様々なチャネルを通じてアプローチしていく手法です。

マーケティングというのは、顧客が求める商品やサービスを作って情報を発信し、アプローチしてもらうための一連の活動のことですが、これを採用の世界に当てはめると、顧客となるのは企業が採用したいターゲット、商品は自社そのもの、ということになります。

 

つまり、「採用したいターゲットに対して、自社の魅力が詰まったコンテンツを作り、発信し、その情報を魅力的に感じて入社してもらうようにする活動」が採用マーケティングです。

実際に採用に力を入れている企業ではこうした取り組みが始まっており、さらにデジタルマーケティングを応用して採用手段・活動チャネルを選別し、採用活動の効率化を図るといった動きも見られつつあります。

 

■採用マーケティングの重要性

採用マーケティングが注目される理由は何でしょうか。

冒頭でも述べた通り、労働人口の減少により採用競争が激化していることが大きな要因。

さらに、これまで新卒一括採用を中心に行っていた大手企業が、海外や異業種からの競合企業の参入などによる競争の激化をうけて中途採用で即戦力を受け入れる動きが活発化しています。

 

そうした背景から新卒・中途問わず優秀な人材の獲得が困難になってきており、これまで一般的だった転職サイトなどからの情報発信や人材紹介会社を利用した母集団形成に頼る方法だけでは限界を迎えているといえます。

しかも優秀な人材は、現職に従事しながら中長期的に自身のキャリアの可能性を探り見極める傾向が強く、転職サイトや人材紹介会社に登録して活動する 「転職顕在層」 になる前に、知り合いの紹介などによって転職が決まってしまうことが多いのです。

 

そこで、採用マーケティングによるターゲットに合わせたアプロ―チを継続的に行い、企業がターゲットとする人材であればそういった「潜在層」までもターゲットにしてメッセージを届ける姿勢が今後は求められます。

 

■採用担当者が実際に行うこと

では、実際に採用マーケティングを取り入れた採用活動とはどんな業務になるのでしょうか。

採用充足という目的に向けて、「採用したいターゲットに対し、自社を認知してもらい、他社との差別化を魅力的に伝え、入社意欲を掻き立てる」ことが大枠だとします。

そのために行うべきことは、

 

(1)企業理解を深める。

(2)ターゲットを明確化する。

(3)ターゲットに向けたコンテンツを作る。

(4)情報を発信する。広報活動。

(5)選考方法など入社までの仕組みを作る。

 

という5つの要素があげられます。

それをもとに業務内容をカテゴリにまとめると、このような感じになるかと思います。

 

○広告制作(求人メディア・SNS広告・WEB広告など)

○オウンドメディア対応(企業コーポレートサイト・採用ページ・LPなど)

○イベント企画実施(個別/合同説明会など)

○採用ツール作成(企業パンフレット・採用パンフレット・説明会資料・企業グッズなど)

○求職者対応(説明会参加促進・問合せ対応・選考案内など)

 

消費者マーケティングと同様に、まずは全体設計が大事。

まずは人事自らが自社の事業・文化・組織の過去・現状・今後について企業理解を深めることからはじめましょう。

 

■最低限押さえておきたいポイント

・コスト意識

採用活動が人材獲得を通じて事業に貢献するものだとすれば、”本当の採用コスト”は単に入社人数ではなく、「一定期間離職せずに会社に残り事業に貢献している人材」に対するコストで評価されるべきではないでしょうか。

 

また、コスト意識を持つことは単純に会社の損益分岐を意識しビジネスリテラシーの形成にも繋がります。

採用人数から売上・粗利を予測し採算を合わせるには…から施策を考える。

単価設定のコスト意識が無いと、せっかく施策しても効果測定や改善点の基準値がわからずあやふやになってしまうことになります。

 

・IT知識

人事担当が実際の運用や作業を行うケースはあまりないと思いますが、ある程度の基礎知識を身につけることで戦略の立案や状況把握・ディレクションがしやすくなります。

身に付けておくとよい知識やスキルは、例として下記のようなものがあります。

 

○WEB・SNSの運用知識

○分析ツールやWEBサイトから課題の発見・改善策

○マーケティングオートメーションなどの最新ツール

○リードの取り方・育て方・受注へのつなげ方

 

■まとめ

モノやサービスが売れるしくみを作るのがマーケティングなら、採用充足の仕組みを作るのが「採用マーケティング」。

今や従来の採用手法だけでは、本当に欲しい人材の獲得が難しくなっています。

自社の将来の成長にとって必要なのはどんな人材か?

その人材を獲得するには何をすべきか?

 

…採用したいターゲットに向けてアウトプットをしっかりするために最終的に向き合うことなるのは、「自社がどの様な職場であるのか?」ということ。

 

改めて企業理解を深めると共に、現在の採用活動に関するデータを集約・分析し、課題や改善点を洗い出すことからはじめてみましょう。