人事のための情報サイト 人事バンク

■母集団形成は応募者とのマッチングを意識

母集団形成とは、自社に興味のある方や応募してくれる可能性のある方たちを求人媒体などを利用して集めていくことです。

 

母集団は数字に目を向けがちですが、多ければ多いほど良いというわけではありません。

 

多すぎると採用選考に負担がかかってしまいますし、なかなか良い人材に出会えないということにもなりかねません。

 

ここでポイントとなるのは形成した母集団の中に“どのような人物がいるのか”が重要となってきます。

 

応募者とのマッチングを意識するために、“採用目標の設定”や“ターゲット像の設定”といったゴールを先に決めておくとミスマッチ回避に役立ちますのでご参考にしてください。

 

<採用目標の設定>

・募集する背景(新卒/中途、欠員補充など)

・採用する人数

・いつまでに必要か

・採用コスト

 

<ターゲット像の設定>

・求める人物像の設計(性格やスキルなど)

 

目標やターゲット像が明確になったら、求人募集へ記載する内容も検討することになります。

 

その際、仕事内容や研修、待遇、社風など自社に関する事項を明確にしておくと、応募者にとって入社後のギャップも小さくなるので、よりマッチングを高めることができます。

 

 

■求人募集方法の種類と特徴

求人募集は大きく分けると下記の種類があります。

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、採用活動を成功させるには各媒体の特徴を把握することが重要となってきます。

 

<ハローワーク>

○多くの人に見てもらえる・無料で利用できる・助成金が出る場合もある

△記載内容が限定的でアピールしづらい・求職者からすると、応募までの工程が多いので敬遠されがち

 

<紙媒体の求人広告(フリーペーパーなど)>

○一目で全体を見渡せるので見やすい・エリアと読者層の傾向を踏まえた求人を作りやすい

△情報量が限られる・発行したら修正できない・コストがかかる

 

<Web求人広告>

○情報をたくさん掲載できる・修正や停止など柔軟に対応可能・母集団形成しやすい

△コストがかかる

 

<学校を利用して求人掲載>

○無料・学生の傾向を把握しやすい

△申し込み手続きが学校により異なるので、手間がかかる

 

<人材紹介>

○採用業務の負担軽減・採用まではコストがかからない

△採用ノウハウが蓄積されない・コスト高め

 

<人材派遣>

○採用業務の負担軽減・急な欠員補充ができる

△人材を選べない

 

<SNS(FacebookなどのSNSを利用した求人方法)>

○無料・多くの人に知ってもらえる・ミスマッチを減らせる

△情報を更新し続けなくてはいけない

 

<リファラル採用(知人や社員に紹介してもらう求人方法)>

○コストがかからない・人柄を把握しやすい

△人を集めるのが難しい

 

 

■募集方法を選ぶときのポイント

求人募集のそれぞれのメリット・デメリットを把握したら、採用ゴールに照らし合わせていくと取捨選択をしやすくなります。

 

先述しているように、求人媒体を選ぶときはその中に“ターゲットとなる人材がどれくらいいるのか”を意識することが大切です。

 

無料で掲載できる方法や利用者が多くいる大手の求人媒体であっても、“ターゲットとなる人物”がいない場合は時間とコストがより多くかかり、採用までの道のりが遠くなってしまいます。

 

効率的な採用活動には質の良い母集団を形成することが必須ですので、アパレル業界に強い、女性採用に強いなど各求人媒体の強みを把握し、ターゲット像と合致した媒体選定を行うよう意識しましょう。

 

求人募集の種類でご紹介した内容をもとに、採用コストや採用の時期なども考慮して募集を出せると効果が期待できそうですね。

 

 

■多忙な人事業務を軽減するなら

人事担当者が一人しかいない、他の業務と兼任している、という方は非常に多忙な状況かと思います。

 

求人募集方法の選定だけでも一苦労なため、採用業務の負担は相当なものと推察します。

 

この章では少しでも採用業務の負担を軽減したいという方におすすめの方法をご紹介していきます。

 

【採用代行・採用アウトソーシング】

採用活動に関する業務を、自社の代わりに行うサービスです。

 

母集団形成、面接などの応募者対応、合否連絡まで一括してプロが執り行うことで、人事担当者の負担を大幅に軽減することが期待できます。

 

メリット、デメリットなどの詳細は採用代行・アウトソーシングの活用ポイントにて解説していますので、併せてご覧ください。

 

【ジョブ・リターン制度】

結婚出産、介護などさまざまな理由で一度は退職した従業員を、本人の希望があれば再度雇用する制度を指します。

 

以前働いていた人であれば即戦力としても期待できますし、どのような人物なのか知っているので安心感がありつつ、人材確保もできますね。

 

詳しくは人材不足解消に有効なジョブ・リターン制度とはにてご確認いただけます。

 

 

■まとめ

求人募集方法を選ぶ際のポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

人手不足が深刻化する現在、人事担当者さまにかかる負担も大きくなるばかりですね。

 

効率よく採用活動を進めていくためにも、まずはターゲットを明確にすることと、採用目標をしっかり定めることで選択する方法を絞り込むことができます。

 

多忙な担当者さまは外部に依頼するなどの方法もありますので、検討されてみてはいかがでしょうか。この記事が少しでも効果的な採用の手助けになれば幸いです。

ノウハウ記事は毎週【火・木】更新!

無料会員登録をすると、新着記事をまとめたメルマガを受け取ることが可能。
その他、さまざまな会員限定コンテンツをご利用いただけます。

無料会員登録する

関連記事

最新記事

ログインまたは新規会員登録してからご利用ください。

新規会員登録

無料会員登録をすると、さまざまな会員限定コンテンツをご利用いただけます。

無料会員登録する

人事バンクについて

この企業をフォローしました。
フォローした企業の一覧はマイページからご確認いただけます。

この企業のフォローを解除しました。

このメールアドレスは、現在仮登録状態です。
本会員登録のご案内メールをご確認いただき、本会員登録を行ってください。

本会員登録のご案内は、下記メールをお送りしております。

▼メール件名
【人事バンク】本会員登録のご案内

送信が完了しました。
コメントをお寄せいただき、誠にありがとうございました。
サイト上に反映されるまで少しお時間をいただいております。
今しばらくお待ちいただけますと幸いです。