人事のための情報サイト 人事バンク

■送別会準備の流れ

当然ではありますが、第一に退職する人・転出する人、つまり『主役が誰なのか』をハッキリさせておかなければなりません。

 

名前や部署だけでなく、退職日や異動日も確認しておきましょう。

 

次は、送別会の『日時』『会場』『予算』の調整へ。

 

日時に関しては、主役の都合を最優先するのはもちろんですが、その他『業務に支障がない日』や『配属先の上司が出席できる日』、『なるべく多くの人が参加できる日』なども考慮に入れておく必要があります。

 

会場や予算の詳細は後述します。

 

諸々の調整が終わったら送別会の全体的な流れも決めておくと、当日の進行もスムーズです。

 

挨拶・乾杯から始まり、食事へ。そして最後に主役のスピーチ、職場のメンバーによる締めの言葉など、大まかにでもタイムスケジュールを決めておくと良いでしょう。

 

必要であれば余興等を用意していると、より一層、場が盛り上がるかもしれません。

 

ただここで問題になってくるのが、例えば挨拶等を『誰』に頼むのかということです。

 

これに関しても、選ぶ際のポイントがあります。

 

 

■社内調整は慎重に

絶対的な決まりはありませが一般的には、主役が所属していた部署の上司に挨拶をお願いします。

 

候補となる人が複数いる場合は、その中で最も立場が上の人に頼むと良いでしょう。

 

もし時間が許すのであれば、『業務上主役との関わりが強かった人』にもスピーチをお願いすると、より魅力的な会になるかもしれません。

 

最後に記念品をプレゼントする場合、冒頭の挨拶同様、最も立場が上の人にお願いするのが良いと思われます。

 

ちなみに、地理的な問題から当日参加できない人もいるかもしれません。

 

例えば、主役が昔に所属していた他の支店のメンバーなどが、それに当たります。

 

そんな人たちから、お祝いの手紙などを預かっておくのもオススメです。

 

当日にそれを披露すると、その場の雰囲気もグッと高まります。

 

 

■お店選びで気をつけたいポイント

当日の会場となるお店選びも重要です。

 

リクルートマネジメントソリューションズ社が、『店選びで最も重要なのは?』というアンケート(単一選択)を行ったところ、『予算』が最も選択率の高い回答となりました。

 

重要というよりは、「気にした方が良い」という感覚の方が強いのかもしれません。

 

ただ「予算はいくらにすべきか?」を自分だけでは中々判断しづらいものです。

 

それに関しては、上司をはじめとした他のメンバーと相談して決定するのが無難でしょう。

 

その際、当日の費用が会社負担なのか否か、男性と女性で金額を分けるのか否か等の、細かい部分もあわせてチェックしておきましょう。

 

お店の『立地』や『会場の広さ』も押さえておくべきポイントです。

 

また、条件に合ったお店が見つかったからといって「そのお店でOK」という訳ではありません。

 

選んだお店の雰囲気がどんなものか(例:多少騒いでも大丈夫そうか、マイクを借りられるところなのか、など)も、しっかり確認しておきましょう。

 

 

■どんなプレゼントが喜ばれる?

読者の中には、記念品の贈呈を検討している方もいるのではないでしょうか。

 

先ほどのアンケートの中で『もらって最も嬉しかったプレゼントは?(自由回答)』というアンケートを行った結果、意外にも「ない」という回答が3割強を占めました。

 

この中には「プレゼントはもらったが覚えていない」「嬉しくなかった」というものだけでなく、「そもそもプレゼントをもらっていない」というものも多く含まれています。

 

つまり、そもそもプレゼントを贈る風習がない職場もあるようです。

 

そして2番目に多かった回答が『花束』、次いで『寄せ書き』でした。

 

逆に『もらって最もいらなかったプレゼント』は「ない」が60%にも及んでいます。

 

一方、参加者はプレゼント代として『一体いくらまでなら出しても抵抗がない』のでしょうか。

 

そのアンケートも行ったところ、実に8割強が「1,999円まで」と回答しました。

 

1つ前のアンケートを見る限り、主役もそれほど高価なものを求めていません。

 

会社として贈るものは、参加者にとって負担が少ないものにした方がよさそうです。

 

どうしてもプレゼントしたいモノがあれば、個別で用意するのがベストな選択と言えます。

 

 

■まとめ

ここまで『送別会をする上で押さえるべきポイント』をいくつか紹介してきました。

 

それぞれの職場によって雰囲気やメンバーが異なる以上、優先すべきポイントは多少違ってくるかもしれません。

 

ですが主役をはじめ、送別会に参加したメンバー全員が「参加して良かったな」と思える会にしたいという想いは、共通して抱いていることだと思います。

 

そのヒントとして、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです。

ノウハウ記事は毎週【火・木】更新!

無料会員登録をすると、新着記事をまとめたメルマガを受け取ることが可能。
その他、さまざまな会員限定コンテンツをご利用いただけます。

無料会員登録する

関連記事

最新記事

ログインまたは新規会員登録してからご利用ください。

新規会員登録

無料会員登録をすると、さまざまな会員限定コンテンツをご利用いただけます。

無料会員登録する

人事バンクについて

この企業をフォローしました。
フォローした企業の一覧はマイページからご確認いただけます。

この企業のフォローを解除しました。

このメールアドレスは、現在仮登録状態です。
本会員登録のご案内メールをご確認いただき、本会員登録を行ってください。

本会員登録のご案内は、下記メールをお送りしております。

▼メール件名
【人事バンク】本会員登録のご案内

送信が完了しました。
コメントをお寄せいただき、誠にありがとうございました。
サイト上に反映されるまで少しお時間をいただいております。
今しばらくお待ちいただけますと幸いです。