キャリア採用とは?中途採用と何が違うの?

 

 

キャリア採用とは、企業が募集する職種や業務内容に対し、即戦力となるような経験やスキルを持つ人材を採用することを指します。

 

一方、中途採用はキャリアのある人に加えて、正社員経験のない人や第二新卒も含まれるため、「新卒以外」のすべての人が対象となります。

 

つまり、図のように中途採用の中でもキャリアのある人に特化した採用をキャリア採用と呼んでいます。

 

 

近年では転職へのハードルが下がっており、従来のように一つの会社に長く勤めてキャリアを積むのではなく、スキルアップのために転職するケースも増えています。

 

そのため、経験豊富なキャリア人材も社会人未経験者も同じ括りになってしまう「中途採用」は相応しくない、という判断から「キャリア採用」が生まれたのです。

 

キャリア採用のメリット

キャリア採用と中途採用の違いを説明してきましたが、あえてキャリア採用を使うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ここでは、キャリア採用のメリットをご紹介していきます。

 

即戦力となる人材を獲得できる

キャリア採用最大のメリットは、即戦力となる人材が獲得できることです。

 

キャリア採用では一定のスキルや経験を持つ人が対象となるため、入社直後でも業務への貢献が期待できます。

 

急な欠員による人員補充や事業拡大など、すぐに戦力となる人材が欲しい場合や教育に時間をかけられない場合に効果を発揮するでしょう。

 

他社のノウハウが得られる

キャリア採用の対象となる様々な企業で経験を積んできた人材は、その分多様なノウハウを持っています。

 

自社の社員だけでは得られない経験やノウハウが得られる機会は貴重なので、会社にとっても大きなメリットといえるでしょう。

 

教育コストを抑えられる

キャリア採用は、業務遂行に必要な知識・スキルを有しているなど、即戦力となる人材が対象です。

 

そのため、マナーや常識はもちろんのこと、業界のルールや基本的なスキルについても教育する必要がありません。

 

未経験者を一から教育するとそれだけ多くの手間とコストがかかってしまうため、キャリア採用は大きなコスト削減につながりますよ。

 

キャリア採用のデメリット

キャリア採用には様々なメリットがあることが分かりましたが、逆にデメリットとなってしまうケースもあるのでご紹介していきます。

 

給与水準が高い

キャリア採用はその対象がキャリアのある人材、つまりその業界で必要な知識や能力を持ち合わせた人です。

 

能力の高い人や専門性の高い分野の知識を持っている人には、そのキャリアに見合った給与を支払う必要があります。

 

未経験者採用と比較して教育コストがかからない分、人件費が高くなってしまうことはあらかじめ認識しておきましょう。

 

採用失敗時(ミスマッチなど)にかかるコストが大きい

キャリア採用は自社に必要な能力やスキルを持っている人を採用するため、比較的ミスマッチは起きにくいと考えられます。しかし、その可能性は0ではありません。

 

採用のミスマッチにより数ヶ月で離職してしまった場合、採用がやり直しになってしまうために大きなコストがかかってしまいます。

 

さらに、キャリア採用で採用した人材は給与水準が高く、採用コスト全体で見ても第二新卒や未経験者を採用するより高くなる傾向にあります。

 

そのため、採用失敗時にかかるコストも大きくなってしまうのです。

 

大量採用が難しい

中途採用全般のデメリットとも言えますが、新卒採用のように時期を限定して一括で採用するような形式ではなく、さらには景気によって採用市場の動向も変わるため、一度に大量採用することが難しいのはもちろん、そもそも企業の求める要件にフィットする人材と出会えない可能性もあります。

 

さらに、キャリア採用では能力や高いスキルを持った人を対象とするため、すでに他社で好待遇を受けていて転職自体を検討していない人も多いのです。

 

この採用難易度の高さも大量採用が難しい理由の一つですね。

 

すぐに転職してしまう可能性がある

キャリア採用の対象となる人材は、キャリアアップを目指して転職していることが多いです。

つまり、ある程度の知識やスキルを身に着けたら再度転職してしまう可能性もあるのです。

 

なるべくずっと働いていたいと思えるような環境づくりをしつつ、もし辞めてしまっても大丈夫なように社内でもしっかりと対策をしておくことが重要です。

 

キャリア採用を行う際のポイント

せっかくキャリア採用を行うなら、優秀な人材を獲得したいですよね。

 

ここでは、キャリア採用を行う際のポイントをご紹介します。

 

人材要件のリストアップで採用基準を明確化する

募集背景(欠員募集・増員募集など)を把握し、下記のような項目から「MUST要件(必須条件)」と「WANT要件(希望条件)」に分けて人材要件をリストアップしましょう。

 

・条件(現在の業務内容など)

・スキル(資格や能力など)

・人柄(性格や価値観など)

 

必須要件と希望要件に振り分けていくと、採用基準を決められるだけでなく、ターゲット像の構築にも役立ちます。

 

採用基準の明確化は、面接官による評価のブレやミスマッチを軽減する効果があります。

 

キャリア採用を行うべき職種であるか

キャリア採用は、即戦力となる人材を確保するための採用方法です。

 

先述した通り、通常の採用活動よりもコストが高くなる傾向にあるため、キャリア採用を行うべき募集職種かどうか考える必要があります。

 

エンジニアなど専門性の高い職種や、長年の経験・知識が必要な人事職、管理職といった職種などに絞ってキャリア採用をするとコストも抑えることができますよ。

 

キャリア採用後の職場環境を整える

キャリア人材は転職に抵抗がないため、「この会社で長く働きたい」と思えるような環境を整えないと、すぐに離職してしまう可能性が考えられます。

 

人事評価や給与、福利厚生、人材育成支援など、キャリア人材が納得できるような職場環境を整えましょう。

 

キャリア採用が有効な職種

即戦力となる人材を確保するキャリア採用に有効な職種には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、代表的な職種をご紹介します。

 

技術

ITや建築、製造業などで活躍する技術職は、経験やスキルが重要視される職種です。

 

システム開発や設計といった業務は、柔軟なアイディアの創出やトラブルへの臨機応変な対応が必要とされますが、豊富な経験やノウハウがないとできません。

 

このことから、技術系は経験を積んできたキャリア採用が有効な職種と言えます。

 

営業

営業には、新規・既存、法人・個人など様々な種類があり、求められる経験やスキルは異なります。

 

しかし、ヒアリングや提案力、対人コミュニケーション力は、いずれの営業にも共通で必要とされるスキルです。

 

営業として豊富な経験を持つ人材は、必要なスキルや、業界・商材の知識が身に付いているため、キャリア採用が有効な職種と言えるでしょう。

 

人事

経営資源の一つである「ヒト」を取り扱う人事には、応募者を見極める面接スキルなどが必要です。

 

また、知識や経験がないと企業経営から落とし込んだ人員計画の策定もできないため、経験を積んだキャリア採用が有効な職種と言えます。

 

キャリア採用で優秀な人材を獲得!

キャリア採用は即戦力となる人材の確保や、他社のノウハウを手に入れられるなど様々なメリットがあります。

 

しかし、給与水準の高さや早期離職のリスクといったデメリットがあることも忘れてはなりません。

 

メリット・デメリットを考慮し、キャリア採用を行うべき職種であるか否かを慎重に検討した上で、活用するようにしましょう。

ノウハウ記事は毎週【火・木】更新!

無料会員登録をすると、新着記事をまとめたメルマガを受け取ることが可能。
その他、さまざまな会員限定コンテンツをご利用いただけます。

無料会員登録する

関連記事

最新記事

ログインまたは新規会員登録してからご利用ください。

新規会員登録

無料会員登録をすると、さまざまな会員限定コンテンツをご利用いただけます。

無料会員登録する

人事バンクについて

この企業をフォローしました。
フォローした企業の一覧はマイページからご確認いただけます。

この企業のフォローを解除しました。

このメールアドレスは、現在仮登録状態です。
本会員登録のご案内メールをご確認いただき、本会員登録を行ってください。

本会員登録のご案内は、下記メールをお送りしております。

▼メール件名
【人事バンク】本会員登録のご案内

送信が完了しました。
コメントをお寄せいただき、誠にありがとうございました。
サイト上に反映されるまで少しお時間をいただいております。
今しばらくお待ちいただけますと幸いです。